抗生物質の種類がそんなに多いですが、どちらを選びますか?

抗生物質とは
抗生物質とは、細菌感染症に治療効果がある薬です。抗生物質と合成抗菌薬を含めて、抗菌薬と呼んでいます。具体的に言えば、人工合成物質と微生物が生産した化学物質の化合物である合成抗菌薬に対して、抗生物質は微生物が生産した化学物質のみで作られています。

抗生物質の種類
抗生物質は主にペニシリン系抗生物質、セフェム系抗生物質、マクロライド系抗生物質、テトラサイクリン系抗生物質、ニューキノロン系抗生物質の五つの種類があります。ペニシリンは、1928年にイギリスのアレクサンダー・フレミングが発見した、世界初の抗生物質です。細胞壁を破壊して、細菌を殺すとともに、人体への毒性が低いです。セフェム系抗生物質はペニシリンと同じく古くから使用されている抗生物質です。マクロライド系の抗生物質は細菌の生存や分裂に必要なタンパク質を作らせないようにして、細菌の動きを止めることができるため、抗生物質の中でも多く使用されています。

テトラサイクリン系抗生物質はマイコプラズマやクラミジア、リケッチアに対しては、一番初めに選択される抗生物質となります。しかし、最近では耐性菌の出現が大きな問題となっています。ニューキノロン系抗生物質は細菌のDNAが作られるのを阻害して菌を殺す抗生物質です。