抗生物質の効果

抗生物質は、カビや細菌などの微生物によって作られた薬で、細菌感染症の治療に使われます。近年は、人工的に細菌を殺す薬もつくることができるようになったので、抗生物質と合わせて「抗菌薬」と呼ばれています。
基本的に抗菌薬は単独で使って様子を見て、効果が思わしくない場合に変更という流れになりますが、以下のような場合は初期から複数の抗菌薬を併用することもあります。
重度の感染症にかかったばかりで、細菌の抗菌薬に対する感受性がわからない場合
単独の抗菌薬では、細菌がすぐに耐性をもってしまうような感染症の場合
複数の細菌による感染症で、それぞれ異なる抗菌薬に感受性がある場合
抗生物質は、ウイルス性の感染症には効果がありません。抗生物質は細菌を殺すということで、これが用いられて多くの病気が治るようになりました。効果が高いことで、何に対しても使われてきたので、それに対抗する耐性菌が現れてきたのです。細菌も生きるためには必死!形を変え、耐性(お薬が効かない性質)を身に付けてきたのです。
ウィルスの事はここではどうでもいいので、細菌の話に戻りましょう。
抗生物質は、細菌が細胞分裂する際の代謝過程に作用します。