抗生物質とは何?|抗生物質は副作用がある?

あなたは抗生物質を聞いたことがありますか。当サイトでは、抗生物質についてご紹介いたします。抗生物質の定義、副作用について完全紹介いたしますので、抗生物質について詳しく了解したい方はぜひご参考になってください。

抗生物質とは、微生物から抽出された物質のことです。それは、細菌感染症に有効な薬です。青カビから発見されたペニシリンという物質が有名ですが、微生物がつくった病気の原因となる細菌を殺したり、増殖を抑えたりする役割を持ちます。抗生物質と合成抗菌薬を含めて、抗菌薬と呼んでいます。

では、抗生物質はどんな種類があるでしょうか。大きく分けると、抗生物質と合成抗菌薬があります。抗生物質が、ペニシリン系薬、セフェム系薬、カルバペネム系薬、モノバクタム系薬、アミノグリコシド系薬、テトラサイクリン系薬、マクロライド系薬、リンコマイシン系薬、グリコペプチド系薬があります。合成抗菌薬はキノロン系薬、ST合剤、オキサゾリジノン系薬があります。

次は、抗生物質の効果についてご紹介いたします。抗生物質を利用されたかたならお分かりかとおもいますが抗生物質は感染がおきた際に微生物を殺す役割を果たします。よって、細菌によっておきた炎症を和らげるという作用などはありません。抗生物質を抗炎症剤と勘違いし、正しい医師の処方なしに濫用する、という問題が近年明らかになっています。

どうやって抗生物質を選ぶのか、それからはそれについてご紹介いたします。抗菌薬は、それぞれの成分が特定の種類の細菌にのみ効果があるので、症状の原因となっている細菌をよく見極めることが大切です。

予想される複数の細菌すべてに有効な抗菌薬があれば検査は必要ありませんが、原因の細菌がはっきりわからなかったり、単独の抗菌薬だけでは対応が難しいと考えられる場合、患者さんの血液や尿などのサンプルを取ってどの抗菌薬が有効か検査をします。

では、抗生物質は一体副作用が何があるでしょうか。いままで報告されていた副作用は主に下痢です。抗生物質は、悪玉菌も善玉菌も区別しません。抗生物質を飲むことによって腸内細菌叢のバランスが崩れて、下痢をひきおこすことがあります。

また、抗生物質の一番大きな副作用と言えるのは免疫力への影響です。よく抗生物質を使用する方は免疫力が低下するのは事実です。だから、抗生物質を使用する前に、ぜひお医者さんとよく相談して、注意してください。

☑ 性感染病治療薬をオススメ

レボフロックス

クラビット

アジー

健康サポート:レビトラの比較,成分,効果について説明サイト